固定でスプレッドを表示

「スプレッド」とはFX取引は外貨をトレードして儲けを狙う投資です。

 

売買の注文の値は、常時動いています。

これが為替レートです。

 

ニュースサイトを見ていると通貨の話題が流れることがあります。

「現在のドル円相場は1ドル=80円50銭から52銭で取引されています」という風にです。

それは80円50銭から80円52銭の幅の中で売買されているという事を意味するのではなく、ドルを買うときには80円52銭、売るときには80円50銭であることを表しています。

 

別の表現をすると売り買いには買値と売値の2個の価格が存在している事を表しています。

 

売値、買値ではなくビット、アスクと示しているFX業者もあったりします。

 

通常は売値が買値よりも低い値段になっています。

 

私達が買値は高く、売値は安くなっています。

 

この差をスプレッドといいFX取引会社の収入となっています。

スプレッドの狭さは業者によって変わります。

スプレッドの差は投資家にとって支出となるので狭いFX会社をセレクトするほうが有利です。

 

ただし、同じFX会社でも場面に応じてスプレッドは広くなったり狭くなったりします。

もし円とドルの通貨ペアで1銭のスプレッドの幅だったとしても、レートの変化がかなり激しい状況では1銭よりも広くなったりする場面があります。

 

そういう訳で、スプレッドが狭いのと同じく、安定している事が不可欠です。

 

この頃では固定でスプレッドを表示する取引会社もたくさんあったりします。

 

実際に取引業者のトレード画面上で現実のレートを確かめなければ区別できないので手間がかかりますがFXでは重要な事です。

 

多額のお金を使って取引をしますので、本当の売り買いの前に興味があるFX取引会社の取引口座開設を試して示されているスプレッドの差を確認しましょう。

同じ外貨でも、その時間帯の相場のボラティリティによって、通貨ペアのスプレッドの差は変化します。

 

いつもは銀行間取引で取引量の多い、流動性の高いペアではスプレッド幅が小さく、あとの通貨ではスプレッドの幅が広がる事があります。